こんにちは!あかがわみさこです。

何かを始めたり、変化があったりした時は必ずと言っていいほどトラブルに見舞われる…そんなことってありませんか。

先日、子供が今年に入って2回目のインフルエンザを発症しました。インフルエンザを同月に2回も発症したのは初めて。A型とB型両方。3人目が生まれて2ヶ月で、3度目の体調不良。

本人も辛いだろうし、赤ちゃんにはうつるかもしれないし、私もなかなか休めないし、心折れそうになりました。でも無事に治って学校に行けるようになり、少し落ち着いたのでブログを書いています。

そういえば人生で初めて救急車に乗ったのは、2人目が生後15日の時。当時一歳の長男が初めて痙攣したのです。かなり動揺したし、授乳しながら夜中に救急車に乗る…なかなか無い体験でした。

*・゜゚・*:.。..。.:*・’・*:.。. .。.:*・゜゚・*

何をするのも最初は心折れるような体験がつきもの。ある意味、「洗礼」なのかもしれません。

私は学生時代、テニス部でしたが、部活動に慣れるまでには1年くらい時間を要しました。周りは気が付かなかったかもしれませんが、最初は本当に部活が嫌いだったのです。

何が嫌って、自由だった学校終了後の午後の時間を奪われること。家に帰りたくて仕方がなかった。そして、知らないところにポンと入った孤独感、不安、慣れない筋トレ、上下関係、全てが嫌でした。

当時私の中学校は帰宅部はNG。そういう規則があった訳ではないのですが、帰宅部の人は先輩から目を付けられるという、真実かよく分からない噂があったんです。時代を感じますよね。

よく休みがちだった部活ですが、だんだんと馴染んできたら不思議と行きたくなってきたんです。そこからはむしろバリバリに参加。練習に試合に、高校3年の夏まで部活中心の生活になりました。

*・゜゚・*:.。..。.:*・’・*:.。. .。.:*・゜゚・*

最初は何かしら躓くことが多い。私の場合、仕事だと2年とか煮詰まったりします。「石の上にも三年」それはあながち間違っていないのかもしれません。やむを得ない環境の変化や周りの変化もありますしね。

今でこそ、そういうことに遭遇しても「またか…」という半ば諦めにも近い気持ちを抱くのですが、30代前半くらいまでは結構どっぷり浸かってしまい辛かったです。

でも、止まない雨はないと言われるように、どんなに辛いことも、時間の流れと共にいずれ変わっていきます。

その間は大変だし嫌になりますが、もがきつつも、「今が耐え時ってことね」くらいの気持ちで、そんな中でも楽しめる時間やリラックスできる場所を探す。

人間、悩みや問題にどっぷり浸かるよりも、手放した方が上手くいくと言われますしね。いつかは去るものとあまり考え過ぎない。必要以上に自分を責めない。

いざとなれば、そんな環境からきっぱり抜け出して、外国にでもどこにでも行ってまた一からやり直せばいいんですから…。

今は、そんな風に軽やかに歳を重ねたいと思っています。

===================✈︎

お読みいただきありがとうございました✨

◇ホームページはこちらから→

◇詳しいプロフィールはこちらから→または

◇銀座コーチングスクール羽田校/無料体験講座→こちらから

◇リンク→

◇ご相談やお問い合わせ、コラボ企画など、お気軽にご連絡下さい→

〜いつでも自分らしく自由で豊かな美人生を創造する〜Career&Image Consulting SKYWAY. COM〜Dream Travel Agency〜

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です