Career & Image Consulting Salon Skyway

元国内線・国際線CAによる就職・転職・キャリア支援〜コーチングとキャリアコンサルティングで内面から、イメージコンサルティングで外見から、理想のキャリアプランへと導きます〜The sky’s the limit〜

資格って意味あるの?

こんにちは!ミサです。

先日、英語コーチングと
マインドフルネス関連の資格を取得できました!

英語コーチはコーチングのPCC同様、去年中に取れるのを見越して産前に講座を受けましたが、急遽入院もあって産後へ持ち越し。

その後も3ヶ月くらいはメンタル的に『Go』にならず、
忘れてしまった部分もあるので、
再度3時間全8回の授業をオンラインで2回程見直しさせてもらい、
実技試験2回と筆記試験を受けて
やっと突破することができました。
「長かった〜」といった感じ。

でも、全体的に、第2言語習得理論とか、インプット仮説とか、とても勉強になりました。

個人的には英語を話す、英語の問題を解く、英語を教えるというのは、
それぞれトレーニングが必要だと思っているので、
今回、英語をコーチングするという視点で学べたのは
コーチとしてとても有意義でした。
(英語コーチングの専門分野の方からしっかり学んでみたかった)

これからTESOLも勉強したいので、
その前提としてもとても良かったかなと思ってます。

*・゜゚・*:.。..。.:*・・*:.。. .。.:*・゜゚・*

    

「資格って意味あるの!?」

これ、よく聞かれますし、
人それぞれ考え方は違うと思う。

私自身これまでかれこれ十以上は資格を取ってきたかな。
もっと何十個も取得されている方もいらっしゃると思います。

資格って意味あるって言われたり、
意味ないって言われたり、
それぞれ状況や分野によっても違いますが、
私は何かを「勉強した証拠」になるとは思ってます。

だから資格でなくても、
〇〇スクール〇〇コース修了とか、
〇〇年アメリカ留学とか、
そういうのでも同じではないかと思います。

強いていうなら資格の場合、
テストや検定、試験などがあって、
それに受かるために勉強や練習をする。
その「過程」に意味があるのだと思います。

例えば就職活動中、
英語を使う仕事ならやっぱり英検やTOEICを持っていた方がいいだろうし、
経理なら簿記、秘書なら秘書検定etc。

まだ試験を受けてなくても
スクールに通学中(←これもちろん履歴書に書けます)だって、
何もしていないよりは、
チャレンジしていた方が面接官には響きます。
未経験分野への転職なら尚更です。

「経理やってみたいけど、
簿記もパソコンもわかりません。」
よりは、
「簿記がやってみたいので、
簿記検定○級の勉強しています。」
とか
「会計ソフトについて学んでいます。」
という方がやる気あるな〜って思いますよね^^

そういった経験や知識、成長が積み重なることで
何かがかたちになったり、
何か違う発想が生まれたり、
誰かと出会えたり…

そんな感じでいろいろ繋がっていく、
なんか「種を蒔いていく」って感覚。

なので、
大事なのは資格というよりは
経験、知識、スキル、そして心意気かなと思います。

皆さんはどう思いますか⁇

============

お読みいただき、誠にありがとうございます!PV数やメッセージがいつも励みになっています!
(Blog購読希望の方は下記の「新しい投稿をメールで受け取る」から購読されてくださいね☆)

✴︎詳しいプロフィールはこちらから→または

✴︎銀座コーチングスクール羽田校/無料体験講座→こちらから

✴︎リンク→

✴︎ご相談やお問い合わせ、コラボ企画など、お気軽にご連絡下さい→

〜Career&Image Consulting SKYWAY. COM〜The sky is the limit〜

次へ 投稿

前へ 投稿

返信する

© 2024 Career & Image Consulting Salon Skyway

テーマの著者 Anders Norén