3月も後半に差し掛かり、
今年度ご卒業される方のご相談も受けることが増えてきました。
 
内定を前にして「本当にこれで良かったのかな」
と思い返される方は多いようです。
 
さらに今年はコロナ禍で、
就職活動にもかなりの影響がでましたから、
行きたかった業界ややりたいことに
なかなか繋がっておらず、モヤモヤを抱えている方もいるようです。
 
 
*・゜゚・*:.。..。.:*・・*:.。. .。.:*・゜゚・*
 
 
人生にはタイミングがあって、
どうしても上手くいかない時
どうしようもない時があったりもします。
 
私も就職氷河期を体験した世代なので、
行きたい業界の募集が全く出ず、
この先どうなるんだろうと不安になった時がありました。
 
その頃は、CAに憧れてエアライン受験をしていたので、
大学に行きながら、ホテルでアルバイトをして機会を待つことになりました。
 
 
 
 
自分にとって不本意な環境に置かれたとき、
 
その時間を有益なものに変えていくか
それともただただ消費していくか、
 
そこは大きな運命の分かれ目になると感じます。
 
 
不本意だから、やりたい仕事でないからと
ただただ嫌な気持ちで取り組むのか、
その時間さえも貴重なものとして、次に繋がる何かを得ていくのかで、
人生の経験値は変わってきます。
 
ホテルでアルバイトをしていた頃、
先輩方のほぼ全員が、
自分の仕事に加えて何かを勉強されてました。
 
英語や中国語、イタリア語
資格やマナー、検定
大学やダブルスクールに行かれる方もいました。
 
ホテルの仕事は接客が主でしたが、
時に掃除や雑用、
お客様が落ち着き、エントランスで立っているだけの時もあります。
 
そんな時、先輩方は
すぐに勉強している小さなノートを取り出して
チラッと確認し復習していたり、
 
掃除をしながら
同僚同士で中国語を話してみたり、
 
何かをメモするふりをして、
文法を書き出したりしていました。
 
他にも自分が勉強している言語を使われてるお客様がいないか積極的に探して話しかけたり、
時間があれば仕事の効率性や疑問点をとことん追及し、アイデアを出し合っていました。
 
 
ただただ受け身で与えられた仕事だけを淡々とこなすのではなく、
プラスαで動こうとする、
 
それによって、
同じ時間を倍以上の価値にしていく。その姿勢が素晴らしいなと学んだのです。
 
就職氷河期だったため、私はすぐに就職をせず、
ホテルでアルバイトをしている期間もありました。
その期間がなければ、そういった方々に会うこともなかったと思います。
 
そして、更に先輩方が魅力的だったのが、
そういったことを
遊ぶように楽しみながら行っていた姿でした。
 
勉強を勉強と感じさせず、
ただただ遊ぶように学び、仕事も軽やかにされていました。
 
そんな風に、自分のやり方次第で、
どこにいても自分で出来ることは沢山あるし、
学ぼうとする気持ちさえあれば
何をしていても工夫できることを教えていただきました。
 
仕事は時にやりたいことだけでは成り立ちません。
大変なこと、やりたくないこと、つまらない時間もあるかもしれません。
 
でもその時間を有益にするか
ただただ消費するだけなのかも
自分の使い方次第ということですね^^
 
 
 
では、今日も素敵な一日をお過ごし下さい虹

〜Career&Image Consulting SKYWAY. COM〜Dream Travel Agency〜MISA〜

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright © 2021 SKYWAY.COM All Right Reserved.