上手くいかない時は〇〇していないか確認してみる

仕事をしていれば
他人にイライラしちゃったり、
物事が思うように運ばなかったり、
そんな嫌な気持ちを
誰しもが経験するかと思います。
 
そんな時、相手や出来事に
怒りが向きがちですが、
 
振り返って欲しいのが自分の内面、
自分の心の持ち方です。
 
 
というのも無意識に、
 
「自分の思い通りに動く」ように、
「とんとん拍子に上手くいく」ように、
 
相手や出来事に
期待をしてしまっている事がありませんか⁇
 
 
もちろん、
期待すること自体が悪いことではありません。
 
ただ、過度な期待や、
自分ではどうにもならないような他者や出来事への期待は、
 
「どうして上手くいかないんだろう」
「あの人どうしてこういう風にしてくれないのだろう」
 
と、そのギャップに悩みがち。
 
なので、
時には期待をし過ぎない事も大切です。
 
 
 
少し厳しい表現をすれば、
他者や出来事に期待をするというのは、
 
「甘え」や「独りよがりな想い」が
多少なりとも含まれています。
 
「あの人なら〇〇してくれるんじゃないか」
「こんなにがんばったんだから、上手くいかないはずがない」
「こんなに教えたのだから、その分動いてくれるんじゃないか」
 
そういった期待は、
そうならなかった時に、
怒りや不信感に変わり、
相手や出来事にぶつけやすくなります。
 
 
そうなってしまったら、
そこは切り替えて、
そこに固執しなくても済むように自立する。
 
 
「相手に期待していたな。今はその人が難しいなら、他の人に声をかけてみよう。」
 
「相手からこうくると思っていたけど、違うんだな。じゃあ自分はこう動こう」
 
「この状態で自分がどうしていけるかを考えよう」
 
そうやって、自分ができることや
違うところに目を向けていくと、
だんだんと気になっていたイライラや不信感がなくなってくるものです。
 
 
 
今日もお読みいただき、
ありがとうございました。
 
では、素敵な1日をお過ごし下さい^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です