接客業や営業で本当に必要なのは?

先日、美容院でカットとカラー、トリートメントをしてきましたキラキラ
 
 
 
 
産前は都内の決まった美容院で施術してもらっていましたが、
遠くて時間的に行けなくなってから、
産後、なかなか決まらずで、、、。
 
子連れOKや保育室が併設されているところを探して
決められなかったのもありますが、
結構色々トライさせて頂いています。
 
でも、先日やっと
リピートしたいな〜と思う美容院を発見!!
 
久しぶりに信頼できる美容院があって、
嬉しい気分になりました音譜
 
 
決め手となったポイントは、
カラーやカットの技術、
美容院の雰囲気はもちろんのこと、
なんと言っても『接客』でした音譜
 
 

私はまつ毛パーマも1、2ヶ月に1回サロンに通っているのですが、
今定期的に通わせていただいているサロンさんがあって、
そこのアイリストさんにも今回の美容師さんと共通して良かったことがあります。
 
それは、
「こちらの話を聞いてくれる」
ということ。
 
「え、それだけ?!」と思われました??
 
でもこれ実際なかなかできる方少ないのです!!
 
 
というのも、
専門家の方はご自身の知識がたくさんありますよね。
 
だから、それをこちらに伝えようとしてくれる方が多くて、
逆に、お客様のニーズを聴こうとする方って意外と少ないのです。
 
私の視点(お客様目線)からだと、
髪やまつ毛などの専門的な知識って
実はあまり求めていないのですね。
(個人的にはその知識よりも
仕事関連の知識を頭に入れたい!!)
 
実際知りたいことって、
ただ、簡単な日々のケアの仕方や
注意事項くらいでいいんです。
(ここも個人差があるかもしれません)
 
更にその時が、
仕事や育児で疲れている時だったり、
リラックスしたい時だったりすると、
そんな時に向こうからバーと何か説明をされるのって
結構負担に感じるんですよねあせる
 
 
 
そのニーズを汲み取れるかどうかって
すごく微妙な部分でもあるかもしれませんが、
 
お客様としては、
きちんと自分の要望を伝えられて、
それに合わせて施術してくれて、
必要なことだけを伝授してくれたらOKビックリマーク
 
 
専門的に美容の知識をつけたい方やそれに関する仕事をしている方は教えてもらいたいかもしれないですが、
 
それよりも、
きちんと自分の要望を聴いてもらった方が
満足度が高いんですドキドキ




だから接客業や営業にも、
話す技術より聴く技術の方が大切なんじゃないかな〜とも思うんですよねアップ
 
 
何か参考になりましたら幸いです‼︎
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です